2016年03月

特別GⅠプレミアムカップ最終日レポート①

今日で65年の歴史の幕を閉じる船橋オート。
閉場を惜しむ、多くの船橋オートファンがご来場いただき、
12,739人の大歓声の中、優勝戦が行われました。
最終日のレポートをお伝えいたします。
14-116-2







一般戦Bの4レース。
1R1着 加賀谷 建明選手
01-101-201-301-4














2R1着 鈴木 聡太選手
02-102-202-302-4














3R1着 谷津 圭治選手
03-103-203-303-4














4R1着 佐藤 貴也選手
04-104-204-304-4

特別GⅠプレミアムカップ4日目レポート⑦

レース終了後に優勝戦の枠番選択が行われました。
13-1





選択順は
1.青山 周平選手⇒1号車
2.木村 武之選手⇒2号車
3.永井 大介選手⇒3号車
4.中村 雅人選手⇒4号車
5.鈴木 圭一郎選手⇒5号車
6.西原 智昭選手⇒6号車
7.荒尾 聡選手⇒8号車
8.東小野 正道選手⇒7号車

13-2






枠番が確定しました。
明日は船橋オートの歴史の幕が閉じる最終日となります。
迫力のある優勝戦を是非本場でご観戦ください。
よろしくお願いします。
4日目のレポートは以上です。
00

特別GⅠプレミアムカップ4日目レポート⑥

準決勝戦
12R
12-1






1着 木村 武之選手
12-212-3










「試走もよかったのでスタートも行けましたが、昨日からブレーキの効きが甘いので
ペースが上がらなかったです。
前回からエンジンはいい感じになってますので微調整で何とかしたいです。
ここ船橋で走れるのが明日で最後なので目一杯走りたいと思います。」



2着 中村 雅人選手
12-412-5










「1着が欲しかったので、とにかくついて回ろうと思ってました。
チャンスがあれば狙っていましたが今日は難しかったです。
もう少し手前が良くなればもうちょっと進んで行くのかなと思うのでその辺を出す整備をします。
大勢のお客さんが来て下さってありがたかったです。
明日もよろしくお願いします。」

特別GⅠプレミアムカップ4日目レポート⑤

準決勝戦
11R
11-1






1着 永井 大介選手
11-211-3










「西原が魂の走りをしてくれたので、
今日自分も1着を取らないといつ取るんだと思い走りました。
最近は後ろにも付けられない位、圭一郎くんが早いので
今日もこのパターンかなと思いましたが
エンジンとタイヤが味方になってくれました。
この船橋で走るのも最後なので勝って男泣きしたいと思います。」


2着 鈴木 圭一郎選手
11-411-5










「ちょっと大きく走りにくいエンジンでしたが
エンジン自体はいい状態なので明日はしっかり合わせたいです。
スタートは自信あります。
川口、浜松といい流れなので、まだ優勝のない地元で絶対に勝ちたいです。」

特別GⅠプレミアムカップ4日目レポート④

準決勝戦
10R
10-1






1着 青山 周平選手
10-210-3










「多くのお客様が来場していただいたのでパワーをもらえて
試走も本走も疲れることなく最後まで集中できました。
初日は良くなく、同期の岩田選手に整備をしてもらってかなり良くなりました。
デビューしてまだ短いですが、船橋ではたくさんの思い出があります。
最後にいい思い出を作れるように一生懸命走ります。」


2着 西原 智昭選手
10-410-5










「7枠で遠いですがスタートで行くしかないので集中して切れました。
ワンチャンスがあればと思い、勝負どころで思いっきり行きました。
地元なので気合が入り、結果が出てよかったです。
エンジンはいい状態なのでセッティングでさらに上を目指したいです。
明日もスタートを切って1着を目指してがんばります。」
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド